ゴルフボール〜初心者編 | 賢いロストボールの選び方

lostballs ボールの賢い選び方

ゴルフ 初心者が最初に手にするゴルフ道具はグローブとゴルフクラブ。

ですがゴルフボールを買うタイミングはコースデビューの日程が決まってから取りあえずテキトーに、という人が多いです。

でも、ゴルフボールも大事な道具のひとつです。

少しでも良いショットを打つためにも いざラウンド! という時になってあわてて高い買い物にならないよう初心者向き良いゴルフボール、とりわけ賢いロストボールの選び方をご紹介します。

lostballs

スポンサーリンク

安くて良い新品ゴルフボールが1,500円から/ 1ダース。

3ダースまとめ買いでボール1個単価93円から。

初心者はロストボールでコースデビューする

ゴルフ 初心者がコースデビューする時、最初はロストボールっていう人が多いです。

なんてったって安いですし、コースデビューにつきもののOBや池ポチャで買ったばかりのボールをなくすだけでも落ち込んじゃってプレイに影響でますから。

ボールをなくしてもメンタルダメージを一番軽くできるロストボールで気軽にコースデビューしましょう。

ロストボールは品質ランクによって値段が違う

ロストボールとはプレーヤーがラウンド中、OBや林などに打ち込んで探しきれずに「無くしてしまったボール」や池から回収したボールのこと。

コース上のロストボールならゴルフボール回収業者、池ならゴルフボールダイバーが定期的に回収・洗浄後、傷の程度やボールのコンディションによって品質がランク分けされ、さらにブランド別にふるい分けられ中古ボールとして販売されます。

ランクボールコンディションロスト状況
S新品同様の艶がありほぼキズもなく最も状態が良い最新年代もの。 OBやラフでロストした1ショットボール
A艶があり目立ったキズもなく状態は良い。マーカーが入ってる場合もあり。ラフでロストした 2~4ホール使用されてる。
AB艶はあるが多少の傷や企業ロゴ、マーカー等が入ってる。ほぼ1ラウンド使用されたロストボール。
B艶はあるが見てわかるキズがある池ポチャか、1ラウンド以上使用されたロストボール。
Cまったく艶もなく傷が多い。経年劣化が激しく使用歴は不明で年代も古い。

※ロストボール販売業者のなかにはCランクのボールを販売してる場合がありますが、正直このランクは使用に耐えませんのでおすすめしません。価格は1球あたり20円台と、打ちっぱなし練習場並にひたすら安いですが…

初心者におすすめのロストボール

コースデビュー前にみっちり練習を重ね、多少なりともショットに手応えを感じた初心者におすすめのロストボールはBランク以上(1球 100円以上)です。

高いランクのロストボールは当たり外れが少ない上、均一にコンディションの良いボールがセットされてます。

lostball_pro-v1_2019
写真はSランクの Titleist PRO V1(最新の2019年タイプ)ロストボールで、1球 340円。 ちなみに新品だと1球約 480円。
lostball_pro-v1_assort
写真はAランクの Titleist(タイプ混合)ロストボールで、1球 110円。

Bランク ロストボール(50円~100円/球)

「いやぁー私はまだまだ」という方はBランクのボールでいいと思います。

lostball_pro-v1_2017
写真はBランクの Titleist PRO V1(2017年タイプ)ロストボールで、1球90円。
lostball_pro-v1_2015
写真はBランクの Titleist PRO V1(2015年タイプ)ロストボールで、1球60円。
ショップをチェック!

Bランクでは価格が最低でも 1球 50円以上のボールを選びましょう。Bランクとうたっていながら 1球 30円~40円のボールは品質的にCランクなので要注意。

Cランク ロストボール(30円~40円/球)

Bランク以上を薦めておきながらも Cランクを見てみたいという方へ。

lostball
写真は典型的なCランクのロストボールで、ブランドも色も選べない混合セット売り。
ショップをチェック!

激安 新品ボール(100円~150円/球)

ちなみに新品ゴルフボールでも1ダースで 1球あたり 100円ちょっとのくらい安いものもあります。参考までに ↓

激安新品をチェック!
honma-a1
写真のボールはSRIXON DISTANCEで、1球約120円ほど。
写真のボールはSRIXON DISTANCEで、1球約120円ほど。

Bランク以上のロストボール | ブランド別

Bランク以上に格付けされたロストボールは同一ブランドやタイプのボールを揃えてセットされてます。

実践ラウンドでいろんなブランドやタイプのボールを打ってしまうとボールの特徴がつかみにくい上、自分にあうボールを見つけにくいので、できるだけブランドやタイプは揃えたほうがいいです。

タイトリスト PRO V1 / V1x ロストボール(価格相場:110円~300円/球)

ツアープロに一番人気のあるタイトリスト PRO V1 シリーズのロストボール。世界のゴルフ3大ブランドのひとつTitleistのはじまりはゴルフボールづくりからはじまってることもうなづけます。 》 Titleistの歴史に関する記事

PRO V1 / V1x ロストボールABランク以上の相場は 1球 110円以上なので、ABランクをうたっていながら100円以下で販売してるボールはBランクと見たほうがいいです。

記事をチェック!
Titleist PRO V1 / V1x を使うツアープロ
写真のロストボールは1球135円
ショップをチェック!

テーラーメイド TP5 / TP5X ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

ダスティン・ジョンソン、ローリー・マキロイ、ジェイソン・デイ、リッキー・ファウラー、ジョン・ラームなどそうそうたるPGAトップツアープロが使用してる、テーラーメイド TP5シリーズのロストボール。

テーラーメイド TP5 / TP5X ロストボールABランク以上の相場は 1球 130円以上なので、ABランクをうたっていながら120円以下で販売してるボールはBランクと見たほうがいいです。

記事をチェック!
Taylormade TP5 / TP5x を使うツアープロ
テーラーメイド TP5
ショップをチェック!

キャロウェイ ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

キャロウェイのボールを使用してるツアープロはPGAツアーではフィル・ミケルソンのクロムソフト X。日本ツアーでは石川遼と上田桃子もクロムソフトX。

クロムソフトXだけをセレクトしたロストボールは楽天で販売されてます。amazonではE・R・Cなどとアソートされたキャロウェイ ロストボールが販売されてます。

記事をチェック!
Callawayを使うツアープロ
キャロウェイ ロストボール
ショップをチェック!

ブリヂストン TOUR B330 ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

ブリヂストンTOUR Bのボールを使用してるツアープロはPGAツアーのタイガー・ウッズを筆頭にブライソン・デシャンボー、レキシー・トンプソン、ステイシー・ルイスなど錚々たる顔ぶれです。

日本ツアーでは宮里優作、池田勇太、宮本勝昌、片岡大育、近藤共弘、堀琴音、有村智恵などが使用しています。引退した宮里藍も使っていて、世界中のツアープロに人気のあるボールです。

記事をチェック!
TOUR Bを使うツアープロ
ブリヂストン TOUR B330 ロストボール
ショップをチェック!

スリクソン ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

スリクソンのボールを使用してるツアープロはPGAツアー松山英樹をはじめ、LPGAのパク・インビ、チェ・ナヨン。日本男子ツアーでは稲森佑貴、小田孔明、キム・ヒョンソン。女子ツアーのイ・ボミ、ジョン・ミジョン、大山志保、そして先日引退したキム・ハヌルが使用しています。

記事をチェック!
SRIXON Z-STAR / Z-STAR XVを使うツアープロ
srixon-lost-ball-2017
ショップをチェック!

XXIO ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

xxio-lost-ball
ショップをチェック!

本間ゴルフ ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

honma-lost-ball
ショップをチェック!

ミズノ ゴルフ ロストボール(価格相場:130円~300円/球)

mizuno-nextdriver-lost-balls-2015
ショップをチェック!

ボールを無くしやすいのはどんなゴルフコース?

とりわけボールを無くしやすいゴルフコースは山岳コースや池の多いコース。その上、ほぼ全ホール通して狭いフェアウェイで左右にOBを構えてるコースです。

写真とホールレイアウトは栃木県新鹿沼にある南摩城カントリークラブの西コース・1番ホール(パー4/427ヤード/レギュラーティ)。ご覧の通りフェアウェイが狭く、両サイドのOBがほぼグリーンまで続いている。私はこのコースでかなり鍛えられました。

秋冬のラウンドでは、OBが少なくかつペナルティーエリアが少ない山岳コースの林にボールを打ち込んでしまい落葉の下にもぐったりするとボールはまず見つけられません。まさに大自然との戦いですね。

一方、池の多いコースや狭いフェアウェイのコースでは番手通りの距離感でアイアンショットが打てない腕前では、池やOBの餌食になりやすいので練習場で自分の飛距離をメモして頭に入れておきましょう。

私の場合は7番アイアンで145~150ヤードなので番手と番手の間は10~15ヤードの差。8番だと130~135ヤード、9番で120~125ヤード、PWは110~115ヤードといったところです。

✑ 編集後記

私もコースデビューから半年ほどはロストボールを使ってましたがちょっとづつスコアも110台になっていったあたりからさらにスコアを縮めるため新品を使うようになりました。

ゴルフコースにもよりますが私の場合だと18ホールでだいたい2〜4球はボールを無くすのでボール代が1ラウンドで400円~800円。ロストボールならその半分くらいで済みますね。

最大のロストボール記録は、林が多くOBも池も多い山岳コースで1ダース以上無くしたこともあります(泣笑)。

タイトルとURLをコピーしました