左一軸スイング(左重心スイング)で、方向性・飛距離UP

ベン・ホーガンのスイング ゴルフ上達方法

「ゴルフは体重移動が重要だ」
「スイングでは肩を大きく回せ」
など・・・。

こんなアドバイスを受けたことってありませんか?

確かに未だに多くのレッスン書でも言われています。
しかし、これを実践してみると・・・

Dさん

× 無理に肩を回して腰を痛めてしまった

Oさん
Oさん

× たまに良い当たりが出るが、それが続かない

Tさん

× 体重移動を意識しすぎて軸が安定しなくなった

などなど。
結局、何をしてもスコアが伸びず、
・ゴルフ本を読みあさったり、
・打ちっぱなしに行って、変わり映えしない練習をする
だけなんですね。

でも、同じように悩んでいたサラリーマンゴルファーがあることをきっかけにゴルフのコツを掴み、突然シングルの仲間入りをしていました。

彼は、
× 体重移動をしない
× 体を回転させない
という非常識なスイングで、ベストスコアを次々に更新していきました。

彼は一体何をしたのでしょうか?

タイガー・ウッズの復活をはじめ世界のトッププロが実践している「スタック&チルト」理論。

その方法が「左一軸スイング」または「左重心スイング」です。

左重心スイング
左重心スイング

左一軸スイングに修正した結果、
50歳の男性が ベストスコア103→85
69歳の男性が ベストスコア94→87
とスコアを伸ばし、
初めてクラブを握った41歳の男性も
「自分でも驚いたことにドライバーはほとんど曲がりませんでした。」
と、憎らしいくらいにうらやましいセリフをもらしています。

ちなみにこちらはベン・ホーガンのスイングです。すでに左重心スイングをしていたように見えます。

ベン・ホーガンのスイング
ベン・ホーガンのスイング

私なりの勝手な解釈は、最初から軸足を左脚に置くことにより(左かかとは絶対に上げない)、上半身の回転だけでスイングする、といったところでしょうか。

本をチェック!
タイトルとURLをコピーしました